サンハウスの毎日

chihopets.exblog.jp
ブログトップ

アドビの出社

昨日は、アニーがサラとのお散歩だったので、アドビを会社に連れて行きました。 今回で2度目。 会社のみんなにもおやつを貰って大喜び。
ガムを一生懸命食べるアドビ。
a0089175_12583512.jpg

Adobe: んー、美味しいね。
a0089175_12593196.jpg

Adobe: もう終わっちゃったよ。 何しようかな.....。
a0089175_1301294.jpg

Adobe: ちょっとお昼寝しようかな。
a0089175_131951.jpg

アドビの後ろ姿。
a0089175_1312917.jpg

お家に帰るのを拒否するアドビ。 
Mommy: アドビ、帰るよ。
Adobe: 僕はここに居るよ、だってみんながおやつくれるし。
a0089175_1332788.jpg


今日は、キャッシーを獣医さんに連れて行きました。 その時、アドビの事を相談してみました。家の先生は動物の歯の専門家なんです。 目はやっぱり片方も緑内障になる可能性があるので、こまめに目のチェックと目医者さんに通って、目の圧力を測ってもらう事。 歯は家で歯磨きをして、出来れば歯のレントゲンを撮って歯に神経があるかどうか見た方がいいと言われました。 神経がないと、歯はその内抜けてしまうそうです。 アドビのようなワンコの患者さんが居たそうで、みんな抜けてしまったそうです。 でも、抜けても硬い骨などが食べれない限りは、あまり不便ではないそうです。 ご飯も今まで通り、ドライフードをあげていいそうです。

キャッシーは、もう10歳。 家の子になって、かれこれ5年が経ちます。 キャッシーは、歯肉の病気で、こまめに歯磨きをしないと、歯肉が赤く腫れて歯が腐って、抜かなくてはいけません。 多分前の飼い主さんには、歯を磨いてもらっていなかったようで、家に来てからもうすでに、10本近く抜きました。 10歳を過ぎると、シニア猫なので、6ヶ月おきに獣医さんに通っています。その時に歯磨きもしてもらいます。 でも、まず血液検査をして異常がなければ、歯磨きをします。 今回は、歯を抜かなくっても大丈夫でした。 でも、キャッシーのお腹の横がちょっとはげてしまっています。 何かのストレスで舐めすぎてしまっているようです。
なので......。
Cassie: これは、何?
a0089175_13142737.jpg

ペットショップに行っている時間がなかったので、前にも使った赤ちゃんの洋服です。
a0089175_13155066.jpg

Jumper: キャッシー、何着てるの?
Cassie: Mommyにこんなの着せられちゃったわ.....。 動けないよ。
Mommy: ごめんね、キャッシー。 明日、ペット用のお洋服買ってくるから。
a0089175_13171748.jpg


*でも、この後ベットに脱ぎ捨ててある洋服を発見.......。 やっぱり明日ペットショップに行こう。
[PR]
by petsanhouse | 2007-10-05 13:19 | 預かりワンコ